top of page

5月のテーマ:安定し快適なヨガ

更新日:2023年6月2日

今月は、まず下半身の安定をつくり背骨の真っ直ぐを作っています。

必ずと言って良いほど、ヨガではあぐらが出てきます。

あぐらでは、坐骨をしっかり床(マット)に根付かせ下半身が安定して座れることで、背骨の伸びや胸の開き、頭が正しい位置に配置され心地よく呼吸ができるという姿勢が作り出されます。膝が床に降りる人は、腿やスネ横も土台になります。ある程度は股関節まわりの筋肉の柔軟性が必要でもあります。しかし、骨格特性で膝が床に降りない方もいます、その場合は無理に下ろさないようにし特に股関節周りの筋肉の中でも、お尻周りの筋肉をほぐしていきましょう~

座位で、骨盤が立つのは、正座です。今月は、クラスのはじめに正座で呼吸観察しています。年を重ねると腰曲がってしまう(後傾)方が多いです、それにより背骨も丸まり猫背に、さらに肩甲骨周りが硬くなります。正座をすることにより、背骨も真っ直ぐに、いい感じです!

でも、いつもにように無理はせず、心穏やかにヨガを楽しんで行きましょう~




bottom of page