1ポーズ解説(ウールドヴァ ムカ シュバァナーサナ)

今日のポーズ:上向きの犬のポーズUrdhva Mukha Svanasana :ウールドヴァ・ムカ・シュヴァナーサナUrdhvaは上方向・Mukhaは顔・Svanaは犬の意味

両ひざを床につけずに、手のひらと足の甲だけを床につけるポーズです。多くのヨガスタジオでは[アップドック]と言っているポーズです

★背中・足首の柔軟性に自身のない方、手首・肩に違和感がある方は無理をしないでベイビーコブラをオススメします、次回ベイビーコブラの解説します

1.うつぶせになり、おでこは床につけ、足は腰幅、足の甲を床につけ両手は脇を締めて胸のトップラインに指先が来るように胸の横に置く

2.息を吸いながら、両手で床を押し、上半身を起こし一呼吸

3.息を吸いながら、両肘を伸ばし、胸を前にスライドしながら天井方向に、手のひらと足の甲だけで体を支え、目線は斜め上へ、この姿勢で3呼吸キープ(肩の真下に手首)

〖足・脚〗足の甲全体で床を押し膝、脛、太腿の前側を床から離し内腿を天井方向に上げる

〖股関節・骨盤〗骨盤を床から離し、お尻と腰を離すように伸びる

〖肩・肩甲骨〗手で床を真下に押し、胸は前に首は長く肩と耳を遠ざける(肩を竦めない)

※腰をそらせることよりも胸を天井方向に向けることを意識しましょう(全身伸びる)

4.身体をゆっくり床に戻し1へ戻る

【ポーズの効果】全身の疲労回復・姿勢を整える・お腹の引き締め・呼吸器系の不調を緩和




This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now