1ポーズ解説(ウールドゥヴァハスターサナ)

今日のポーズ:両手を強く上に上げるポーズUrdhva Hastasana :ウールドゥヴァハスターサナ)Urdhvaは高い・Hastaは手の意味

今日は、家からほど近い武蔵野公園から野川公園へ散歩に行ってみました

青空の中、生命力を感じる木がありました。その下で心地よい呼吸で全身伸び~る!週1ポーズと思ってましたが・・・木曜日に限らず少しでもお伝えできたらと思います。

1.足を腰幅に開らき山のポーズになる(下半身は山のポーズ)

〖足・脚〗足指を開き、小指のつけ根から踵の外側のラインと親指の付け根で強く床を押すことで土踏まずのアーチを引き上げ、太腿は内側に寄せる

〖股関節・骨盤〗左右の腰骨の高さを水平に、骨盤を正面に向ける(前傾、後傾しない)

2.息を吸いながら、手先が身体からできるだけ遠くを通るように(前からでも横からでもOK)両手を天井方向へ(小指側を合わせても良い)目線は正面(余裕があれば天井)でこの姿勢をキープしながら3呼吸を繰り返します。首の後は詰めないようにし、手を上げることで腰が反りやすくなるので注意しましょう

〖肩・肩甲骨〗耳と肩を遠ざけ肩のつけ根から手の小指側から内回し

3.息を吐きながら、呼吸に合わせて手を下ろし山のポーズにもどり一呼吸

※壁に背中をつけて両手を上げると姿勢の感覚がつかみやすい

【ポーズの効果】全身に空間ができ呼吸が深まる・背骨や骨盤の歪みを整える・二の腕の引き締め・気持ちをスッキリするなど



This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now