9月のテーマ:月礼拝でゆったりヨガ

更新日:9月12日


はじめに、前半後半に出てくる3ポーズ(山のポーズ→両手を強く上に上げるポーズ→立位三日月のポーズ)を紹介します~解説効かなくても出来ると思った方、もう一度しつかり自身に向きあってみましょう(^▽^)/基本のポーズが安定してとれるといつの間にか難しいポーズがとれるようになります

※安定してポーズに留まれる方は、是非1~3分閉眼でキープしてみて下さい

【山のポーズ(ターダーサナ)】

足は自然と閉じ指を開き土踏まずを上げ、親指の付け根は強く床を押す、反張膝に注意をする。鼠径部を軽く引き骨盤はニュートラルで内股を寄せる。肩甲骨を下げて首は長く。踵・膝横・大転子・肩先・頭頂を一直線上になるように!

【両手を強く上にあげるポーズ(ウールドゥヴァハスターサナ)】

土踏まずを引き上げて内腿を寄せる。背中は広いまま胸を反りながら前鋸筋を押し出しながら両手は天井方向へ首の後は詰めないようにして手をあわせる、目線は指先に向ける

【立位の三日月のポーズ(パールシュバチャンドラーサナ)】

両手を強く上にあげるポーズから両足裏に均等に体重をのせ、床を強く踏む。骨盤を安定させ吐く息で体を左側に倒し、目線を両手の指先に向け、反対側も同様に行う