8月のテーマ:全身引締めヨガ

更新日:8月25日

今月は、引締めプラス側弯にならないようにやると良いことなどを そして、側弯症の方には、やらない方が良いポーズ(左右で違う)や身体を無理なく伸ばす方法をお伝え出来たらなと思ってまーす(*´▽`*) ➡ 側弯症の方へのポーズ説明は、回数券を購入して長く通っている方向けです<(_ _)>

60代以上は側弯になる人は、70%近くいると言われています。すでに、腰や膝が痛い方は要注意かも⁈側弯になる前にゆるーく鍛えて行きましょう~背骨の歪みは色々な不調を引き起こします。腹筋、背筋を鍛えることは、背骨にも良いし引締め効果あります!

★成長期のお子さんの側弯は、レントゲンを撮り適切な指導をしてくれるところにすぐ行きましょう~病院で経過観察と言われても早めの対策は親御さんにかかっています。放置しておくとコブ角が30度超える(角度の進みが早いなど)と手術しましょうと言われてしまいます。それからでは遅いです。

人生100年時代、お子さん世代はもつと長くなっているかもしれません、早くに適切な装具装着、運動療法、生活習慣を見直し手術をしなくて良い身体を作って上げて下さいね!

私は、40代以上の方に側弯にならないように体幹鍛えてバランスの良い心と身体になるお手伝いをしていきます~

いつものように頑張りすぎず、無理のない所でキープして呼吸していきます(^▽^)/