top of page

2月テーマ:体の芯からあたためるヨガ

更新日:2023年5月4日

今月は、捻じったり、全身を使うポーズを行っていますが…その中のワイルドシング、そこに向かうには…プランク・サイドプランク・ダウンドックがしつかり取れている事が必要です。

先週、お伝えしたプランクポーズやキャット&カウで「肘の中立点(関節のニュートラルな位置)」が確認出来たら、次はサイドプランクです。しつかり、自身の体を観察してみましょう~

【サイドプランクポーズ(ヴァシスターサナ)】

サイドプランクとは 通常のプランクの縦向きのフォームとは異なり、横向きの体勢でプランクを行います。脂肪を溜め込みやすい脇腹に負荷を与え、お腹周りを効果的に引き締める事ができます。 サイドプランクでは主に外腹斜筋・中殿筋・腰方形筋を鍛える。

●サイドプランクポーズの注意点

腰が下がったり、反ったり、丸まったりしない。頭頂と足で引張りあう。

※ゆるヨガでもワイドシングをチャレンジできる方にはどんどん⁈行って頂いてます。引き続きハタヨガでも参加者によりワイドシングではなくそこに向かうポーズを行っています。







Comentarios


bottom of page