top of page

2月テーマ:体の芯からあたためるヨガ

2月は引き続き、体の芯からあたためるヨガを行って行きます。

1月には、前捻角を測る事やその説明時間がレッスン時間に食い込んだり、レッスン日が少ない曜日もあったりしたので同じテーマで行います。

ゆるヨガは2月も太陽礼拝2回から入っていきます。ハタヨガは希望があれば行う予定です。

足裏アーチを意識して大地にそしてマット、床に吸い付く足を目指しましょう。

そして、カパラバティ呼吸法も行って行きます。

【前捻角は骨格特性です】

前捻角とは、大腿骨の頸部が前に傾いている角度のこと。内股ぎみの人は前捻角が強い傾向にあり、反対の動きである股関節外旋の可動域が制限されます。(左右開脚が開きにくい)

股関節は球関節で、丸い大腿骨頭が寛骨のくぼみ(臼蓋)におさまっている。大腿骨頭がやや前に傾くようについていて、これを「前捻角」という。

★自身の骨格特性をしり、股関節などに無理のないポーズとりましょう~







bottom of page