1ポーズ解説(ヴィラバドラーサナⅡ)

最終更新: 5月12日

今日のポーズ:戦士のポーズ2又は英雄のポーズ2(Virabhadrasana:ヴィラバドラーサナⅡ)Virabhadraは戦士の名前(神々の首領シヴァの1本の髪から生まれた豪快な戦士)

戦士のポーズにはいくつかありますがシヴァ神の化身の名を持つ力強いポーズです

今回のポーズは水平に腕を上げた先を見つめ敵に向かう英雄の姿とも言われています

戦士のポーズ1から入っても良いですが今回は山のポーズからはじめていきます

1.足の親指の付け根をそろえて立ちます足裏3点で床を押す(山のポーズ)

2.両手を広げ、両手首の下に足首がくるように両足を開く、一度手を腰に右足を太腿のつけ根から外に開く左足は少し内側に向け上半身は正面にむける

※左右の腰骨の高さは水平に保ちお腹に力をいれる(上半身は上に伸びる)

3.息を吐きながら右膝を踏み込む(できれば90度まで←目指す)

4.息を吸いながら両手を床と平行になるように肩の高さまで上げ手根部で遠くを押すようにしてから指先を伸ばす(指先は柔らかく腕は力強く)目線は右指先、この姿勢を3呼吸キープし、反対側も同様に行う

〖足・脚〗前足の踵と後足の土踏まずが一直線になるようにする、両足土踏まずのアーチを引き上げる、前足は膝が内にはいらないように後足は踵が浮かないようにしっかり床をおす

〖股関節・骨盤〗左右の腰骨の高さを水平に、骨盤を正面に向ける(前傾、後傾しない)

〖肩・肩甲骨〗肩甲骨を寄せる(胸をひらく)首は長く肩の力は抜く

【ポーズの効果】脚と腹部の強化・股関節の柔軟性を高める・便秘改善・集中力を高める


This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now