ポーズ解説(チャトランガダンダーサナ)

最終更新: 5月12日

今日のポーズ:四肢を支える杖のポーズChaturangaDandasana :チャトランガダンダーサナChaturは4・Angaは手足・Danda杖の意味

頭から足先までを床と平行にするポーズです。

1.四つん這いから板のポーズになる

2.息を吐きながら脇を締めて両手首を立てたまま両肩をゆっくり床に近づける目線は真下

肘は直角になるように前に伸び、この姿勢で3呼吸キープする

〖足・脚〗つま先を立て踵を後ろへ押し出す(壁を使って足裏の感覚を練習するのも有効)

〖股関節・骨盤〗お腹は引き上げ肩と同じ高さに保つ

〖肩・肩甲骨〗手のひらを床に根付かせ肩と肘を後ろに引き肘は直角にし、首は長く肩と耳を遠ざける

3.肘をゆっくり伸ばして板のポーズから四つん這いに戻る

【ポーズの効果】全身の疲労回復・体幹強化・姿勢を整える・お腹の引き締め

★このポーズは意識が腕に集中しがちですがお腹と足でもしっかり支えることが大事です、それでもキープが難しい方は、板のポーズから両膝をついて行いましょう~それもキツイと思う方は、壁に向かって練習しましょう(床が壁になっただけ→壁から少し離れて立って板のポーズから腕の感覚をつかんでいきます)


This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now